2019年3月29日金曜日

”さき先生”

季節の変わり目ですが、いかがお過ごしでしょうか?もうあと数日で3月も終わりですね。桜が開花して春らしくなったものの、今日はなんだか寒いです。。。。私、まだダウンジャケット着てるんですけど(汗)

今月で、6年間続いた子供達のダンスクラスが幕を閉じました。
小学生や園児にダンスを教えることは、正直得意な方ではありませんでした。アメリカでインストラクターをして居た頃は、受け持つクラスはいつも、「中級」「カンパニークラス」など、踊れるダンサーしか来ないクラスがメインでした。まだまだ小さな子供達にどんなダンスを教えられるだろうか。。。。?と、新たな挑戦でした。

日本に帰国したのは、内視鏡手術で悪化した股関節を完治させるため。なので、ダンスをする気持ちも準備もなく帰ってきました。
人と人とのご縁はすごいですね。気がつけば、ダンス関係でどんどん繋がって行きました。子供達のダンスもそうだったし、チアの方々に指導する機会もそうでした。

こんなに日本で何もして来なかった無名な私を、多くの方がたくさんの方々に繋げてくださいました。振り返ると自分でもびっくりします。今こうして好きなことが出来ているのも、私の力では無いという事。導いてもらいました。


アメリカでは「先生」と呼ばれることはなく、普通に名前で呼ばれます(学校の先生は別として)。今は「さき先生」と呼んでくれる方が多く、はじめは慣れないし不思議な感じでした。先生って呼ばれることの嬉しさと責任の重さがありました。
「そうか、私は先生なのか!」みたいな。。。。

子供達と6年間、一緒に成長してきました。
どんどん踊れるようになっていく子供達は、私の誇りでもあり、そして、自分がどこまで育てていけるか、ある意味自分の実力を写す鏡でもありました。

『可能性は無限大』


いつも頭にあったのはこの言葉。なんだってできる気がした。子供達は学びの天才。
6年経った今、成長した子供達をみて心から思います。私を先生にしてくれてありがとう!この先、どんどん新しい扉を叩いて、開けて、たくさん経験していって欲しいと願っています。一生のうちのほんの6年間だったけれど、大切な仲間とともに感じたことは多かったのではないかな?と思いたいです。
これからはいち大人として、みんなの成長を陰ながら見守って行きます!


私もステップアップの時!
手放すことで、新たなものが入って来る。
変化を恐れず、なんでもチャレンジ。

平成もいよいよ終わりです。
心を新たに、またマイペースに頑張って行きたいと思います!

手術はいよいよ6日後。
準備はできてるよ、よし、来いっ!!!!



















2019年2月10日日曜日

2019年 今年ものんびり書きます。よろしくお願いします。

こんにちは!年が明けたと思っていたら、2月も10日間が経っていました。世間はウキウキバレンタインデーですね!チョコレートは見るだけでウキウキします♡
ちょっと早いけど、すでに私はVegan Chocolateを贈りましたよ。
お返しは期待できないけど。。。。。


12月14日から約ひと月、コスタリカへ旅行へ行ってきました。死ぬ前に一度は行きたいと言っていた国に訪ねることができ、そこで大自然の中、生き物と共存する喜びに少し足を突っ込むことができ、コスタリカの文化に触れることができ、本当に幸せです。いつか、1年でも良いから住んでみたいなぁ。。。。やっと慣れてきたところの帰国だったので、勿体無い気持ちもありました。

そんな幸せな経験とは裏腹、私の股関節は9月頃から右下がり。そして11月には歩くことも苦痛で、仕事以外は出かけることが嫌になりました。
病院、接骨院は3軒掛け持ちで、時間とお金ばかりを犠牲にするわりに回復が全くみられませんでした。そんな中のコスタリカ旅行。。。。。両手に杖を持って毎日過ごしました。車椅子があるところは、躊躇なく使わせてもらいました。
歩けなくなったら、おんぶしてもらいました。やりたかったのに出来なかったことも多々ありました。元気になって絶対にまた来る。。。。そう何度も思いました。

帰国して気が抜けたのか、全くと言って良いほど歩けなくなりました。
スーパーマーケットの端から端までが歩けない........1分も持たない.........。
どういうことだ? とにかく激痛が足を踏み出すたびに襲ってくる。そして、いつも脱臼してるかのような感覚で、ちゃんと脚の上に立ててないのです。だから、正しい筋肉も使えずに腰や骨盤あたりにも我慢できない痛みが走るようになりました。座っていても、横になっていても、いつもいつも痛みがあります。毎朝4時ごろに目が覚めてしまいます。痛くて痛くて苦しい。。。。

私はずっと自分の体と向き合って来ました。長〜い長〜い間。
だから、これは本当に異常すぎることだと気づいている。このままでは完全に私は壊れる。どうしよう......。


こんな不安な気持ちになったのは、人生で初めてかもしれない。

色々考えて、悩んで、そして仲のいい友人たちとパートナーだけに”手術”しかないかもしれないと打ち明けました。親にも言えなかった。
そんな時に救いの手が差し伸べられ、信頼できる先生を紹介していただき、うまく話が進んで人工股関節を入れる決意をしました。先生が「3月に手術しましょう」と早目を勧めてくださいましたが、3月には子供達の大事なダンスのショーがあります。だから断った。「4月に入ったらすぐにやります!」と。

この3月のショーは、そういう意味でもすごく自分に意味がある。なんというか、新しい人生に入る前の最後の試練、けじめ、まとめみたいな。



インスピレーションは、痛みがあるときや苦しいとき、悪い状況のときに湧き上がる。なんでだろう、「幸せだなぁ〜」っていうときは、そこまで創作意欲が出てこない。



3月の子供達のショーでは、プロデュースする側としての仕事をちゃんとやろうって決めていました。

だが

心が踊りたいと、何度も何度も何度も呼びかけてくる。
でもあなた、踊れないのよ? 何度も言い聞かす。

自分の中で葛藤がありました。でもやっぱり踊りたい。踊る....っていう言葉よりも『表現』っていう方がしっくりくる。そうだ、私はいまの気持ちを表現したいんだ。

なので
子供達のショーの場を借りて
数分だけ出させてもらおうと決めました。
大したことは出来ません。でも、確実に私の心は報われる。苦しんだ分、きっと解放されて幸せな気持ちに満たされるだろう。


ショーまであと1ヶ月
そして手術まであと2ヶ月。

光陰矢の如し

毎日、毎時間を大事に。
会いたい人たちにはメールを送ったり、昔のダンスの映像を何度も観たり、
術後回復したら、どこに行こうかななんて考えてみたり。
こうして今の弱い自分を守っています。
絶対に良くなるよ!っていう言葉を
たくさんの方からもらっています。ポジティブです。どうもありがとうございます。



今年ものんびりマイペースで、この場所に戻ってきたいと思います。
2019年もどうぞよろしくお願いします。

世界中の人が、動物たちが、森や海や草花が、幸せに共存できますように。



2018年10月17日水曜日

ありがとうFlounder

私の宝物が次の世界に飛び立ってから、3ヶ月が経ちました。
誰にもなつかずマミー命だったフラウンダー、私にとって特別な存在でした。
今年の7月14日に18歳と5ヶ月で天使となりましたが、最後の1ヶ月間はあの子の強さと優しさを胸が締め付けられる思いで見守り、そして受け止めました。

今こうして文章に残そうとあの子のことを思い出すと、涙がどんどん溢れてしまいます。

フラウンダーとの出会いは、私がまだNYで暮らしていた2000年の初春でした。ダンススタジオで知り合って仲良くなった、アメリカ人の友達のお兄さんのところに、子猫が2匹いるから貰い手を探していると聞き、
その話にすぐに飛びつき、子猫を見せてもらいにブロンクスまで行きました。
まだ2ヶ月ぐらいだった子猫ちゃんたち。
1匹はとても社交的、もう1匹は人見知りが激しく飼い主にしかなつかないと思う。。。と忠告されました。私は後者を選びました。その子がフラウンダーです。

尻尾が短く、プロペラのように回るのがチャームポイント。
私の顔の近くで眠るのが好き、膝の上で眠るのが好き、私が寝転がっていればお腹や背中の上に乗ってくる子でした。マミー大好きで、いつもいつもそばにいてくれました。
極度の怖がりで、他の人や猫たちにも心を開かない子でしたが、唯一セバスチャンだけとは仲良くしてくれました。
私にとって最高のファミリーでした。


今年の春ごろから、腎不全の悪化で大分弱ってしまい、自宅点滴を開始。私は獣医さんに一度教えてもらってから、毎日心臓が止まる思いで、震える手でフラウンダーに針をさしました。失敗を何度も繰り返して、もうやりたくないと思ったことを鮮明に覚えています。アメリカに住んでいる心の友が、猫の点滴を5年間毎日やっていたということもあり、常に彼女に励ましてもらい、コツを教えてもらい、とにかく自分との戦いでした。
でもやはり、体に水分が入ると楽になるのですね。あの子が弱って行くペースが大幅にダウンしたのです。
4ヶ月間、母に協力してもらい、キャリアーにフラウンダーを入れて動けないようにして、作業をする日々。あの子もだんだんルーティンがわかっていて、嫌がることもなくなっていました。

本当に頑張ってくれた。私の『生きて欲しい!』というエゴで、あの子は最後息を引きとる数秒前まで、本当に本当に頑張ってくれました。
亡くなるまでの19日間、一切ものが食べられなくなり、点滴だけで生き延びました。
どんどんやせ細り、皮と骨だけになり、それでもお水を飲みに立ち上がる。。。。でも立てなくて倒れる。。。。その姿がとても痛々しく、私は神様に『早く楽にさせてあげてください』とお願いしたほどでした。嘔吐も激しく、下痢も止まらず、とてもとても辛かっただろうに、そんな時でも私の体に手を伸ばし、触ってくれました。
『マミー、泣かないで。泣かないで』と言っているようでした。

私が心配で、なかなか飛び立てずにいたんでしょうね。
もうダメだと思う瞬間を、何度も乗り越えてくれたのです。

亡くなった日、息が思うように出来なくなり、50分間苦しんでいましたが、その時も私の目をまっすぐに見つめ、懸命に生きようとしました。
最後、私はあの子を抱きしめ声をあげて泣きましたが、身体中に電気が走ったのです。
フラウンダーが何かを私の中に残してくれたんだと思っています。

本当にマミー思いの優しく、そして強い子でした。
色々思い出を振り返ると滝のように涙が溢れてしまうので、この3ヶ月間は無になって深いところまで考えずにいたのですが、こうして思い出してたくさん泣いてを繰り返すことが、しっかり受け入れることにつながるのかな。

くじけそうな時はあの子の頑張りを思い出し
そして天使になった我が子たちの魂を受け継いで
毎日全力で生きたいと思っています。

セバスチャン、フラウンダー
ありがとう。
愛しています。宇宙一!
マミーがそこに行く時まで待ってて。














2018年9月22日土曜日

のんびり山を登っています

ブログを読んでくださっている皆さん
お久しぶりです!!またもや長い月日が経ってしまった。。。。4ヶ月ぶりです。

夏が過ぎてすっかり秋ですね。ここ最近は異常な災害(もしかしたらこれは正常なのかもしれないけど)が各地で多く、不安です。明日は我が身、そう考えると本当に毎日が特別です。こうして生きていることがラッキーです。

私は元気にしています。
体の方は相変わらずですが、色々と動き始めています。
まず、6月からリハビリに通い始めました。股関節専門の理学療法士さんの元、たくさんの気づきと学びの毎日。3歩進んで2歩半下がることが多いけど、ゆっくりゆっくり焦らずに。すでに股関節激痛の7年間を過ごして来ているわけだし、ここで焦っても仕方がない。ただ、歩くことにかなり支障が出始めているので正直不安。
でも、結局のところ自分を信じてあげれるのは自分だけだから、前を向くしかないよね!

たくさんのトレーニングや体の動かし方を学び、研究して、実践。そうすると見えていなかった自分の体のことが見えて来たり。こうすると調子いいな〜っていう発見があったり。でもその効果は長続きしなかったり。
試行錯誤ですが、こういう時間は無駄じゃないんだよって、自分に言ってあげます。

諦めたら

そこでブチっと途絶えて終わるだけだから。
これはブチっと終わらせたくないことだから、前向きに進むしかない。



筋トレも再開して頑張っています。
痛みが怖いし、筋力がついていかないので
前みたいにガチでできないけど、
できることをやっていけばいいのだと言い聞かせて
焦らずに日々何かしらやってます。

過去の自分は過去の自分でしかない。
今の自分を見つめて、受け入れて、そして愛してあげることです。
自分の過去に執着しない。むしろ、興味がないぐらいになりたいけどさ、、、なかなかそうはいかないけどさ。今を一生懸命!

先日誰かに言われたんです。

『今、この瞬間が一番若いんだよ!』って。

納得!!!!


5月に、世界一尊敬するダンスの師匠に、NYまで会いに行ってきた。
私が20代の時の師匠とは違ったけど、彼女のオーラと愛と優しさの全ては
あの当時のままだった。
私がずっと背中を追い続けてきた人。
そして
6年ぶりに会うことができ
これからだってずっと背中を追い続けたい人だって確信した。

そんな素晴らしい師匠に出会えた私はラッキーだ。
そして
周りには本当に本当に頑張っている人たちがいる。
私はくじけそうになると、その人たちの顔を思い出す。
私の頑張りなんて、頑張りのうちに入らない。

こうやって日々
自分を奮い立たせていられるのも、私の力ではないんだと気づきます。



今日はポジティブなブログにしたかったので
あえて詳しく書きませんが
私の宝物の長女のフラウンダー(猫)が
7月14日に旅立ちました。18歳と5ヶ月でした。
この子のことは
またゆっくりきちんとブログに残したいと思います。

思い出すと涙なしではいられず。。。。




今は
妹のセバスチャンと一緒に
マミーのことを見守ってくれています。


季節の変わり目ですので
みなさまご自愛のほど!






2018年5月10日木曜日

Tomorrow is not promised :明日は約束されておらず

お久しぶりです。本当にお久しぶりのブログとなりました。今日は5月10日、今年初めて自分のブログにアクセスしました。なんてこった。。。。

外に発信できるメンタル状態ではなく、ずっと内にこもっていました。ありがたく仕事があるから、なんとか外に出ていた。。。という毎日でした。

私のライフスタイルはずっと

『明日死んでも後悔しないぐらい、毎日をフルに生きる』ということに重点を置いて生活することです。でも、この9ヶ月間は、完全に別の人のライフを生きているようでした。

我が娘のように愛おしい猫が、去年の7月に逝きました。それも、獣医にあっという間に殺されました。その日から、私の地獄の日々は始まりました。

そんなどん底から手を差し伸べてくれたのは友人、家族(ペット含)、そしてダンス。

9月に、岩手県の平泉にて踊る機会をいただき、全身全霊で踊りを完成させました。コンセプトは”悲しみの舞”、死んだ愛猫への踊りでした。
股関節の状態は最悪、でもこれが最後の踊りでいい!という気持ちで、そんなこと忘れるぐらい集中して練習出来たし、本番も天国にいるあの子に伝わったと思える踊りでやり切りました。
『あぁ、終わった。。。。もう踊らなくいていいんだ!』

正直、ホッとした瞬間だったのを覚えています。


それからは、股関節の状態が本当に悪く、歩くことも苦痛、寝返りも打てない、座っていたら筋肉が固まって動けない、何をやっても激痛の日々。

もう一層のこと死んだほうがマシだわ。。。。と思ったことも何度もあった。趣味でかなり力を入れていたボルダリングも、そんな体の状態では続けることも難しくなり、徐々にジムに行く回数は減って行くばかり。


動物って単純なもので、体が動かせなくなると心が病んでいくのです。魂抜けたみたいにやる気スイッチが壊れたり、他人と話すことも億劫になってしまったり、どんどん鬱っぽくなるんですね。。。。身を以て体験しました。

あんなにストイックにしていた食事制限もどうでもよくなったり(もちろんお肉は食べませんよ!)、むしろ食べることで自分を慰めていました。欠かさずやっていた家トレも苦痛すぎてやらなくなったり、とにかく開いていたドアがどんどん閉められていきました。もちろん自分で閉めました。

動かないとコアがどんどん弱くなり、つかまり立ちしてる自分がいたり、階段も両足で一段ずつ登っている自分がいたり。。。。股関節の痛みに拍車がかかる一方。


「このままでは完全に壊れる。それでいいの?そんな人生でいいの?」
自分に聞いてみる。

「嫌だ!これは私じゃない。これは私じゃない!」
出た答えがこれでした。


「明日は約束されていないんだもの。いまやらないでどうするの?何を待っているのだろう?セバスチャンは戻ってこないのよ。自分で頑張らないとダメなんだよ。
今のままじゃぁ、ただ漠然と息をしてるだけ。死んでるのと同じ。楽しみがない、生き甲斐がない、それでいいのか?」



こんな風に思えるから、
私はまだまだ再生可能だと確信できました。
家トレも、痛みと相談して少しずつ再開。
ダンスも踊りたいんです。私の唯一の感情表現の手段なのだから。
これがないと吐き出せない。
だから自分のために踊ろうと思う。カッコよくじゃなくてありのままの自分で。
ボルダリングももっともっと上手になりたい。
無理せずに続ければいいじゃん。


最近は、またしっかり栄養素を意識して食事しています。カロリーでもなければ量でもなく、大切なのはホールフーズ。砂糖をなるべく避けて、質の良い食事。
そう、これが私なんだよ。
こういうことに、自分を大事にすることに情熱を注いでいたのが私なんだよ。
気付けてよかった。Uターン出来てよかった。



この気持ちが現れてくれたので
忘れないようにここに記します。

ありがとう自分。
まだ
目標っていうのが見えてこないけど、でも
必ず出会えると思います。

その時まで、自分を今まで以上に大事にしたい。

まずは
今一番会いたい人に会いにいきます!!!!今月末!









2017年12月18日月曜日

2017年 ありがとう、そしてさようなら

ご無沙汰しています。半年ぶりの投稿となりました。書こう書こうと思いながらも、どうしても意欲が湧かないまま1週間、1ヶ月、そして半年と経過していました。

今年は、ここ数年で一番辛い年となりました。
7月26日に、大事な宝物を失いました。
そのことを思うだけで涙が溢れ、胸が苦しく締め付けられるので、それが一番の理由でブログは書けませんでした。
でも今日は、
頑張って書こうと思います。
大事な宝物を愛おしむ意味でも、ここに残しておきたいと思います。


セバスチャン。。。。。。私のとっても大事な娘、猫ちゃん。

出会いはニューヨークのUnion Square にあるPetcoという、ペット用品店。そこで毎週だったか、毎月だったか行われている、ネコ里親募集のイベントへひとりで出かけました。
2000年の5月とか6月とかだったかな。 
数週間前に、フラウンダーと名付けた子猫ちゃんを譲り受けて来たばかりでしたが、1匹じゃ可愛そうだなと思ったことが、事の発端でした。

お店にはいつも何十匹という猫たちがケージに入れられて、里親を待っています。
アメリカは里親探しにはすごく力を入れています。のら猫はすぐ捕獲するし、ちゃんとチェックしてワクチンを打ってくれてから引き渡しとなります。
動物愛護団体の活動もかなりしっかりしているし、日本とは比べ物にならないぐらい、動物たちは守られています。

きっとセバスチャンもどこかのノラちゃんだったのでしょうね、優しい誰かさんに保護されて、そこのペット用品店にて家なき子としてケージに入っていました。

私は何十匹といる猫たちの前をウロウロ。。。。。
どの子が好みかなぁなんて思いながら、ケージの中にいるニャンコたちを端からゆっくり観察して行きました。

すると
白黒の寄り目の子猫ちゃんが、ケージから一生懸命手を出して私を触ろうとするのです。
"She likes you!"
ボランティアの方だと思われる、そこにいた白人のおばさんが私にそう言いました。

「ちょっとケージから出して触ってもいい?」
「もちろん!」

ちっちゃいその子を優しく抱き上げた途端、それはそれは嬉しそうにゴロゴロと喉を鳴らし、私の首の方まで登ってスリスリし始めたのです。

"She LOVES you!!"

これが、セバスチャンが私を選んでくれた日の出来事。
こうして、あの子を私の娘として迎え入れました。まだ、3ヶ月になる手前の子猫ちゃんでした。



Flounder & Sebastian (2000)


そのあと、サンフランシスコ→日本と一緒にお引越しをして、17年間という月日を大事な家族として一緒に歩みました。

セバスチャンは

とっても食いしん坊で
天使のように優しく
新しい猫が増えても面倒見が良く
何をされてもズッシリと構える器の大きい心の持ち主で
前世は人間だったと思えるほど頭が良く

本当に特別な存在でした。

たまに私が悲しそうにしてると
「マミー、大丈夫よ」
っていう顔で私を見つめたりして。

あの子が亡くなる直前も、
苦しいのに頑張っていっぱいお話ししてくれました。
きっと
「マミーありがとう。大好きよ」って言ってくれたんだと思います。




あんな素晴らしい天使を
最後
ひどく苦しんで死なせてしまったことが
私の一生涯の後悔となり
そして今も胸を刺される思いでいっぱいです。


ごめんね。ごめんね。ごめんね。
セバスチャン
本当にごめんね。


詳しいことは書きません。
最後は
獣医のミスで命を絶たれました。
私がその獣医を信じたばかりに
あの子は殺されました。

大事な娘を
簡単に奪って行きました。

何をしてももう返ってこないけど
絶対に許せる日は来ないと思う、自分のこともあの獣医のことも。

それでも私は前を向いて生きていかなければいけないので
今残された動物たちを
我が家のネコちゃんワンちゃんたちを大切にして
同じ過ちを犯さないように
そして
同じ目に会う動物達がいなくなるように
心がけて過ごしていくのみです。


あの子がどう死んだかではなく
あの子がどう生きたか、私と一緒に生きたかを
ちゃんと心に刻んで

そして償いたいです。

たくさんの愛をありがとう。
今も
そしてこれからも
ずっと愛してるよ、セバスチャン。
マミーがそこにいく日まで
待ってて!






























2017年5月3日水曜日

RFBP 4年目突入します!!

2014年の5月に、
エクササイズグループRFBP(Reach Far Beyond Project)が始まりました。
心と身体を生き生きと磨いて行こう、短時間の中で自分の限界に挑戦してみよう、自分の心地よい場所から外に出てもっと遠くに到達しようというプロジェクトを立ち上げました。
今月で4年目に突入です!オリジナルメンバーも相変わらず頑張っていますよ!
こうして一つのことを続けるって、本当に難しいのですが、皆さん優秀です。

今回は4年目を記念して、クラスに来て下さっている皆さんから嬉しいコメントをいただいています!こうして読んでいると、本当にこのプロジェクトを始めて良かったなって心から思います!どうもありがとうございます!


まずはレギュラーメンバーの皆様からのコメント


 始めたきっかけは当時の健康診断の結果で再検査の項目があったのと、お医者さんから継続して運動することを勧められたタイミングで、このクラスがスタートしたからです。
始めたころは腹筋10回でも本当にきつかったです。クラスの後には毎回激しい筋肉痛が…笑
でも、一緒に始めたメンバーと我慢強く教えてくれてる先生がいたから、出来ないことがあっても、いつも笑って今まで続けられました!
そして何よりクラスの内容が毎回異なっていて、メニューが豊富なこと!だんだん回数を重ねて、出来ることが増えてくると次のクラスも楽しみになりました。
始めてから1年後の健康診断では再検査もなく、前回ひっかった項目はAまで改善されました!
これからも続けて健康的な体を目指したいです(^o^)
(H.Wさん)





 私はチアリーダーをしているのですが、さきさんのエクササイズをはじめてから、ダンスが安定しました。
特にコアがしっかりついたので、ブレることなく体重移動も確実なものになりました。
さきさんの教え方は丁寧で楽しい!
一緒にエクササイズを受けるメンバーもとても良い方ばかりで、今では毎週の楽しみの一つになっています。
これからもよろしくお願いします^_^
(J.Nさん)




 元々サキさんにダンスを習っていて、しなやかな筋肉が付いてて素敵だなあと思っていました。
FacebookでサキさんのRFBPサークルの活動を知り、身体づくりの事にもとても興味があったのと、チアリーダーとしてまだまだ動ける身体を作りたいと思って、参加させてほしいと連絡したのがきっかけです。

メンバーの目的は様々で、体調を整えたい、身体を引き締めたいなど、それぞれ目標を持って、そして楽しく活動していて、とても刺激になりました。
私は東京に住んでいて、月曜日から金曜日まで目一杯働いて、土曜日の朝9時半に1時間半かけて埼玉までまで行くのはそんなに簡単では無かったのですが笑、身体作りの目的があり、且つメンバーが大好きで、サキさんやメンバーに会いたいという思いで通っていました。

サキさんは、メンバーの様子を見て、強化した方が良いところを考えて毎週メニューを考えて下さいます。
また、バレエの動きを取り入れたエクササイズや、ダンサーだからこそ考えられるエクササイズもあり、とても勉強になりました。
器具もいらず、マット1枚のスペースがあればどこでもできるので、もちろん家でも出来ます。ジムいらずです!
色々エクササイズを試しましたが、ここが一番効きました!!

エクササイズの事だけではなく、体によい食べ物や食べ方についてなども教えてくださるので、そこも勉強になりました。

メンバーの体型がどんどん変わっていく様子を見て、とても刺激になりましたし、モチベーションの維持にも繋がりました。

とても素敵な先生とメンバーに出会えたことに心から感謝しています!
(S.Yさん)





  RFBPスタート時から参加させて頂いているので、4年目になります。ダイエットと身体を動かす事が目的で参加しました。
食べる事が大好きで理想の体型にはまだまだ遠いですが、スタート時を思い出すと身体も本当に強くなり、考え方も変わったと思います。
スタート時は今のクラスのウォーミングアップ程の内容でしたが、付いていくのが精一杯で毎回歩くのが辛い位の筋肉痛でした。
何時まで続けられるだろうか・・と不安に思った時もありましたが、さきちゃんの適切な指導と一緒に頑張って刺激し合える仲間が居てくれたお陰で続けられる事が出来たと思います。
私はエクササイズクラスの他に週一でストレッチのクラスもさきちゃんに指導してもらっています。
私は身体が本当に硬く「そういう体質なのだ」と諦めていましたが、RFBPに参加してから意識が変わり、身体も筋肉も柔らかくしたい!と思いさきちゃんにお願いしました。
まだ始めて間もないですが、苦手だった屈伸が手が付くようになり、エクササイズクラスでも出来なかった事が出来るようになり、自分でも驚くほど変わってきてる事を実感しています。
さきちゃん、適切な指導と身体を動かす事の楽しさ・重要さを教えてくれてありがとう!
そしてRFBPを通して一緒に頑張って成長し、お互い刺激し合える素敵な仲間に出逢えた事にも感謝しています!
マイペースな私ですが、これからも宜しくお願いします。
(S.Iさん)





  何か新しい事を始めたい、身体を動かしたい、と漠然と思っている時にRFBPが始まることを知り、多少の不安はありつつ飛び込んでみました。オリジナルメンバーは普段運動をしていなかったため第1回目のトレーニングは今思えばとても軽いメニューでしたが、当時の私にはそれでも大変で筋肉痛…。5月という事もあり公園でのトレーニングは気持ちよく、その後も続けていくことにしました。出来なかったことがどんどん出来るようになる喜びや、仲間と頑張る楽しさ、トレーニング後の爽快感、翌日の激しい筋肉痛、すべてSaki先生が毎回いろいろ考えながらメニューを組んで、楽しく厳しく進めてくれるおかげ。ひとりひとりのフォームをきちんとチェックしてくれるので、素人でもきちんとその筋肉に効くのです。

途中仕事や体調不良により数ヶ月のブランクが何度かありましたが、一度鍛えた筋肉は覚えていてくれて、半年空いてもなんとか付いていけるぐらいに強くなりました。
コンスタントにトレーニングをしている時は体重が増え、昔なじみの整体の先生からは「背中と太腿がいい感じになりましたね。昔は痩せて背骨が出ていてゴジラみたいだったのに(笑)」と褒められたり。やればやっただけ身体は応えてくれるのを実感しています。もちろんやらなければすぐに筋肉はどこかにいってしまうことも痛感中(苦笑)

これからまたコンスタントにトレーニングをして魅力的な体型になりたいと思います!

Sakiちゃん、いつもありがとう。
4年目もよろしくお願いします♡
(J.Aさん)



☆ママさん代表の方からのコメント
 



新メンバー代表の方のコメント


 土曜日のエクササイズの後は必ず筋肉痛になります。
でも最近はその筋肉痛が気持ちよく感じていて。
あ、こんなところに筋肉あったのね。。と気付かされたりして。

一人ではなかなか出来ないけど、皆と一緒だから頑張れる。
少しずつでも続けていって、少しずつでも変化があることを期待して。
今年の目標は引き締めです。 
ーS.lさん


こうして皆さん実感してもらえているんですね。
嬉しい限りです。

前日にメニューを決めていきますが、私も中途半端な、適当な気持ちで決めていません。
決めたメニューも一度全部やってみて、自分のなかでOKが出てから。
なので結果が見えると、みなさんと同じぐらい嬉しいのです!

今後も引き続き、みんなで一丸となって頑張ります!
どうぞよろしくお願いします♡

クラスに参加したいという方、単発でも可能ですのでお待ちしています♫

ヨガマット、カラフルできれい。



たまにみんなでランチしたり♫

”さき先生”

季節の変わり目ですが、いかがお過ごしでしょうか?もうあと数日で3月も終わりですね。桜が開花して春らしくなったものの、今日はなんだか寒いです。。。。私、まだダウンジャケット着てるんですけど(汗) 今月で、6年間続いた子供達のダンスクラスが幕を閉じました。 小学生や園児にダンス...